ゲーム攻略wiki

  • wikiwikiや@wiki、FC2wikiが、wikiなら何でも、使い方は利用者次第なwikiサービスであるのに対して、ここ最近数年の間に出てきたのが、ゲーム情報メディアによるゲーム攻略特化型のwiki。
  • すでにベースになる部分(レイアウトや他wiki、メディア自体への導線)は出きているので、中身を作るだけのところが多い。また、wikiとは言っても編集を完全にopenにしているわけじゃなく、メンバー制限のあるwikiがほとんど。
  • マイナーなゲームはともかくとして、事前登録で何万、何十万あるようなタイトルは、ほとんどが網羅されている。
  • しかし基本的に特徴がない。独自性がない。問題があってもカスタムできない。作りやすくなっている代わりに、細かい部分を弄ることができないから。
  • また各メディアごとに同一タイトルのwikiはひとつしか設置できないものがほとんどだが、メディア自体が多いので、設置のしやすさも相まってwikiが非常に乱立することになる。
  • 例えば、明日(6月6日)配信開始のスマホゲー「SINoALICE」を見てみると、googleで簡単に調べただけでも10件以上見つかる。もっともこの中でまともに更新されるのは5件以下、一ヶ月後に更新されているのは2、3件あればいいほう。
  • 多くはテンプレの内容しか載せられていない。このゲームは事前に情報サイトにあまり内容が出てきていないのだが、それでも4gamerの事前プレイ動画を見れば、武器や防具、ジョブにストーリーが付随するシステムなのはわかるはずだが。

強くてNEW GAME

  • 今現在更新してるwikiがタイトルの「強くてNEW GAME」。名前からしてRPGクロノ某の「つよくてニューゲーム」そのままだが、どちらかと言えばタイムリープもの。
  • 神書を1000日後まで届けるのが目的だが、神書の破壊を目論む連中がいて、その妨害をかいくぐる必要がある。
  • という設定だが、それはシナリオの選択肢で影響するだけで、ゲーム自体はひたすら画面を叩くだけ。敵を倒すとゴールドが手に入るので、それで味方のスキルや部隊のレベルを強化していく。しかしその消費ゴールドや部隊の攻撃力が、とんでもない数値になるのが特徴のひとつ。
  • 桁がとんでもないRPGというと某日本一のゲームがあるが、それとは比較にならない桁になる。億や兆、京どころではない。恒河沙や那由他、無量大数すら超えてくる。
  • しかし「レベルを上げて物理で殴る」だけのゲームなので、そんなに工夫する場所はない。ある程度の日数まで進めて時間を戻すと、手持ちのユニット以外(レベルやスキル)をリセットする代わりに進行度に応じて宝箱が手に入るので、繰り返してユニットを集めて強化して、を繰り返すだけ。
  • 無課金でもある程度ガチャ石(このゲームではダイヤ)が手に入るし、宝箱からも稀にURユニットが手に入るので、課金率が低そうなのが心配。

スマホゲー

  • 過去に作ったwikiはほとんどがブラウザゲーム。いくつかはクライアント型ゲーム。その中で4件だけ、スマホゲームを試したことがある。
  • タワーディフェンスの「クエストディフェンス」、パズルの「クラッシュフィーバー」、RPGの「STARLY GIRLS」、そして今プレイ中の「強くてNEW GAME」。
  • 基本的にwikiには自分でプレイした内容をまとめていくので、スマホゲーをまとめるのは手間がかかる。だから手を出しにくい。それでもスマホゲーを試してみたのは、昨今のスマホゲー人気と、ブラゲがDMMに偏っているからだ(そして競合相手が増えたから)。
  • 最初は手持ちのスマホでプレイして、SSを取ってPCでまとめていた。これは手間がかかる。非常にめんどくさい。今はPC上のAndroid Emulatorで動かして行っている。画像はGyazoでキャプチャすればいい。
  • しかしやはり画面が狭い。そりゃスマホ画面で操作する前提なんだから狭いだろう。RPGやパズルならまだしも、こんな狭い画面でアクションやシミュレーションなんてよくできるものだ。WoTのスマホ版があったと思うが、どうやっているのだろうか?
  • それでもHearthstoneのようにスマホ向けのUI構成があるくらいだ。何とかなるのだろうきっと(HSのスマホ版はたまに攻撃対象を選び間違えることがあるけれど)。

昔作ったwiki

  • たしか初めて作ったwikiはFF11の学者wikiだったはず。当時学者にハマっていたが、よく参照していた「学者まとめwiki」が閉鎖するというので、ローカルに保存してwikiwikiで作った。FF11はプレイしなくなって随分経つが、学者wikiは今も誰かが稀に更新してくれている。
  • ただここに載せた情報のほとんどは転載であって、自分でゼロから作ったwikiということであれば、燐光のレムリアが該当する。この頃はほとんどwikiwikiで作っていた。このゲームは今も続いているし、wikiも更新されている。
  • その後も多くのwikiを作ってきた。今も続いているゲームもあれば、数ヶ月でサービス終了してしまったゲームもあるし、βテストのまま始まらなかったゲーム(Jagged Alliance Online)、βテスト後にタイトルが変わったゲーム(式姫札戦→式姫の庭)、開始前にwikiの内容を消されたゲーム(カオス ヒーローズ オンライン)etc…色々あった…ような気がしていたがまだ100タイトル未満。思ったより少ないような多いような。
  • その中で一番アクセスがあり今も多くの人が利用しているのが艦これ攻略wikiだろうか。さっき確認したら、イベントが終わった後の平日でも9万pv/dayらしい。累計3億pv超。もっともこのwikiはすでに自分の手を離れ、利用者の自治とwikiwiki運営の手によって管理されているようだ。