世界の終わり

ドラゲナイではない。

継続的にアップデートすることでコンテンツとしての寿命を伸ばすことができ、ラスボスがいないことで基本的に終わりのないオンラインゲームに終わる時が来るとすれば、それはサービス終了を指す(ドラクエ10とかPSO2とか、ラスボスいるやつもあるけど)。

今まで多くのゲームをプレイしてきたし、それらの多くがサービス終了してきたのだが、実は「サービス終了までプレイしていたゲーム」はそれほど多くはない。大抵の場合、それ以前にプレイを辞めてしまうからだ(飽き性なだけともいう)。

そんな「それほど多くない」中に新たに加わる、今回「世界の終わり」を迎えるゲームは、ベクターの「クリプトアイランド」。PC/スマホ両対応のパズルRPG。中華仕様の超絶VIP性能と、ひたすら装備素材がドロップするまで周回するのが特徴(?)のゲームだ。…まあ、いろいろ未実装の要素を残したままのサービス終了で、さもありなんな終わり方だが、2月22日の終了の告知以降、課金通貨(ダイヤ)の大盤振る舞い(ログボでの大量配布)、VIP機能の全開放、告知から終了まで3ヶ月の猶予期間と、かなりはっちゃけてしまったようだ(2月22日告知で3ヶ月、つまりこの記事を書いてる時点でまだ終了まで1ヶ月あるのだが)。

おかげで装備はすべてガチャ産の最強装備を揃え、プレイヤーLvも最大、実装済みの全ステージクリアまではさくさく進んだ(条件達成してのクリアは全ステージ達成していない)。それでもランカークラスとは戦力に17万ほどの差がある。ギルドやルーン、装備開放ボーナスなんかの影響だろうか。

正直それほど思い出があるわけでも、感慨があるわけでもないが、久々にサービス終了までプレイしたゲーム(、そしてそれほど多くない「最後までプレイしたゲーム」)であり、最終日にはログインして最後を見届けたいと思う(忘れていなければ)。

 

カテゴリーGame

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です