CGI

  • 昨日の21時から始まったバトルオブブリテン。なんというか懐かしい空気が漂うCGIゲームだった。
  • 箱庭諸島やScript of SagaII、FFAdventureなど。あの時代を思い出す。あのあたりより多少グラフィカルでリッチと言えなくもないが、ボタンやカードのデザインなど、もはや骨董品の域。

  • ゲーム内容は、爆撃機で相手の拠点を攻撃してポイントを減らして妨害、その爆撃機を戦闘機で落とし、開発でポイントを増やして、先に上陸ポイントを貯めたほうの勝ち。シンプル。
  • 課金要素は、ガチャ、強化確率UPアイテム、各種効果UPあたりだろうか。おそらく正式開始まで開放されないと思われるので何とも言えない。
  • しかし無料ガチャを回せるSPは(他にも使う要素は多数あるが)、時間経過で増えるので結構回せる。そのあたりは悪くない要素。
  • しかし機体カード数も、同一機体のレアリティ違いで水増しなどであまり種類はなさそうなので、今後の実装に期待したい。
  • 不具合についてはCBTなのでやはり多いと思われる。何しろCGIゲームだ。変な操作で簡単におかしくなるだろう。変な操作じゃなくても不具合起こしてるが。

延期再び

  • バトルオブブリテンは一部ブラウザでの不具合修正のために再延期(明日以降に伸びるのか、時間遅らせて始まるのかは不明)。
  • なのでSINoALICEをちょっとやってみる。
  • BGMは独特、文章は不穏、キャラの発言は闇が深いと、ダークなアトモスフィア。
  • しかしLOADが長い。人大杉で緊急メンテして鯖を増強するもまだ重い。現時点でLOADが終わらない地獄と化している。
  • Twitterの中の人によれば、増強したけど根本的に解決してないので、混む時間は回避してくれとのこと。たぶん人が減らないとダメ。そんなにやる気はないので、人が減ったらはじめてみよう。それからでも十分。
  • 強くてNEW GAMEでもしてよう。
  • そういえば、アトリエシリーズ20周年で、アトリエオンラインが出るらしい。スマホアプリのオンラインRPGだそうだが、開発運営がNHNなのが心配。

  • よくよく考えてみたら最近のアトリエシリーズ知らなかった。うには投げられるようだが。
  • 今冬予定みたいなので、順調にいって来年だろうか。

バトルオブブリテン

  • dokuwikiを使った独自のwiki最初のタイトルは「日本ゲーム製作所」の作戦級MMOシミュレーションゲーム「バトルオブブリテン」。本日16時からクローズドβテスト開始。
  • のはずだったが、諸事情による1日延期。
  • もうひとつ、スクエニのスマホゲー「SINoALICE」もあったがスマホだし。事前に10件以上wikiが乱立してるし(競合はめんどくさい)。
  • バトルオブブリテンはWW2航空戦を題材にしたSLG。連合陣営と枢軸陣営にわかれて航空機を編成し、西ヨーロッパを舞台としたMAP上で航空戦を行う。規定時間内に「上陸作戦」を発動させた陣営の勝利(両陣営とも「上陸作戦」を発動できなかった場合、赤軍に欧州全土が赤化されGameOver)。終了後は資産以外初期化されリスタート。
  • 航空機はカードで表現され、ソシャゲでよくある合成強化。
  • 英独以外に、レア機体として日米の航空機もあるとかなんとか(技術レベルとやらが上がらないと新しい時代の航空機は使えないみたいだが)。
  • 公式サイトはショボいし、ゲーム画面も(公開されてるSSでは)昔の戦略SLGみたいなUI、可愛い女の子はいないし、航空機画像もモノクロ1枚絵。
  • 正直今のところわかる情報ではあまり期待できないが、中身ははたしてどうだろうか。
  • だがCBT開始は明日。

ゲーム攻略wiki

  • wikiwikiや@wiki、FC2wikiが、wikiなら何でも、使い方は利用者次第なwikiサービスであるのに対して、ここ最近数年の間に出てきたのが、ゲーム情報メディアによるゲーム攻略特化型のwiki。
  • すでにベースになる部分(レイアウトや他wiki、メディア自体への導線)は出きているので、中身を作るだけのところが多い。また、wikiとは言っても編集を完全にopenにしているわけじゃなく、メンバー制限のあるwikiがほとんど。
  • マイナーなゲームはともかくとして、事前登録で何万、何十万あるようなタイトルは、ほとんどが網羅されている。
  • しかし基本的に特徴がない。独自性がない。問題があってもカスタムできない。作りやすくなっている代わりに、細かい部分を弄ることができないから。
  • また各メディアごとに同一タイトルのwikiはひとつしか設置できないものがほとんどだが、メディア自体が多いので、設置のしやすさも相まってwikiが非常に乱立することになる。
  • 例えば、明日(6月6日)配信開始のスマホゲー「SINoALICE」を見てみると、googleで簡単に調べただけでも10件以上見つかる。もっともこの中でまともに更新されるのは5件以下、一ヶ月後に更新されているのは2、3件あればいいほう。
  • 多くはテンプレの内容しか載せられていない。このゲームは事前に情報サイトにあまり内容が出てきていないのだが、それでも4gamerの事前プレイ動画を見れば、武器や防具、ジョブにストーリーが付随するシステムなのはわかるはずだが。

強くてNEW GAME

  • 今現在更新してるwikiがタイトルの「強くてNEW GAME」。名前からしてRPGクロノ某の「つよくてニューゲーム」そのままだが、どちらかと言えばタイムリープもの。
  • 神書を1000日後まで届けるのが目的だが、神書の破壊を目論む連中がいて、その妨害をかいくぐる必要がある。
  • という設定だが、それはシナリオの選択肢で影響するだけで、ゲーム自体はひたすら画面を叩くだけ。敵を倒すとゴールドが手に入るので、それで味方のスキルや部隊のレベルを強化していく。しかしその消費ゴールドや部隊の攻撃力が、とんでもない数値になるのが特徴のひとつ。
  • 桁がとんでもないRPGというと某日本一のゲームがあるが、それとは比較にならない桁になる。億や兆、京どころではない。恒河沙や那由他、無量大数すら超えてくる。
  • しかし「レベルを上げて物理で殴る」だけのゲームなので、そんなに工夫する場所はない。ある程度の日数まで進めて時間を戻すと、手持ちのユニット以外(レベルやスキル)をリセットする代わりに進行度に応じて宝箱が手に入るので、繰り返してユニットを集めて強化して、を繰り返すだけ。
  • 無課金でもある程度ガチャ石(このゲームではダイヤ)が手に入るし、宝箱からも稀にURユニットが手に入るので、課金率が低そうなのが心配。