撤退戦

  • EVE Onlineは、今年2017年3月いっぱいまで、ネクソンが日本での課金窓口を代行していた。それに日本での宣伝広告も担当していたと思われる。それは2012年の3月から始まり、丸5年をもって終わりを告げた。Webサイトやフォーラム、ゲーム中の日本語化された箇所はそのまま残り、以降の新規分は翻訳されないことになった。
  • 支払い方法が大きく制限され、一部コンテンツは日本語化されず、それでもまだなんとかプレイしていける状態だ。課金方法も運営元のCCPへ直接支払うことになった。円高時代から月額が固定されていたことを考えれば多少割高になるが、それでもネクソン嫌いだった人が戻ってきたりした。日本語対応できるGMもいる。
  • しかしついに今日、ISDの組織再編に伴い言語別チームが解体、役割を引き継ぐチームから日本語は対象外にされた。さらに新フォーラムシステムにおいても、日本語フォーラムは設置されなかった。これにより、現在の日本語フォーラムは旧フォーラムシステムの終了とともになくなる。
  • 今回のフォーラムの刷新は、「Webプレゼンスの見直し」というお題目の一環らしい。つまり、現在日本語化されているアカウント管理ページも、刷新されて日本語化されない可能性が出てきたことになる(実際、PLEXキャンペーンのページなんかは日本語化されていない)。
  • これはもう、日本語サポートは完全に打ち切るつもりだと考えていいのだろう。日本語対応するGMもいつまで対応してくれるか怪しくなってきた。
  • はたして、日本語化前の水準まで戻ってしまうのだろうか。あるいは、それよりも低下してしまうのだろうか。
カテゴリーGame

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です